ぐらぽ

そこら辺に転がってる人の雑記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記事を書くページを開いてから目の前に文字を打つ

前回の記事を読んで頂いた方々、ありがとうございました。
普段なんだかんだ不器用なのでたまにはああいう形で纏めるのも良いのかなと。

日記的な内容で今日は思ってる事を少し書こうと思います。


と、言ってはいるんですがテーマは無し。

今日のTL眺めたりしてて感じた事を少し書きます。

・WHITE ALBUM 2CONCERTの話。
チケットの方は何とか確保できました。
今回は事前に同好会ラジオを視聴していた方々への優先配慮というか。
チケットの販売形式としてはある意味珍しい形だったと思います。

4月の追加公演のイベントの際には私はチケットの方は取れなかったんですが、
今回こういった配慮をして頂いた事に関しては物凄く感謝したいと思います。

OYOYOさんのBlog等でも少し触れられていますが、
良くも悪くも全員が全員平等になる形っていうのは現実的に物凄く厳しいわけで。
その中でも少しでも作品を好きな人が来られるようにといった配慮は素敵な物だと思いました。

前回結局オークションという手段も確かに存在はしていました。(実際に空席等もあったみたいですし)
本当に行きたいなら幾らでも!という考え方もあると思いますし、
転売屋みたいな作品を好んでもない人の思惑には乗りたくない。と思う人もいるはずです。
どちらかというと私は後者。
元から何事も平等なんて事は無い。と思ってるので一期一会。ダメな時はダメだと割切る様にはしてます。

この時点で思うのは今私が前述した中でも、二つの考え方があるわけで。
最近思うのはこういった二択に対して答えを出したがったり、こうじゃなきゃダメ!と思う人が増えたと感じてます。

前の記事でも私が書いてた思いの根源たる部分っていうのは、
「製作スタッフが魂篭めて作った物を、どうやって受け止めるか」というこれに尽きるわけです。
そしてその形は十人十色、これに対して「理解」をしていく事。
その中で抽出されていく声が作品に対しての評価に繋がるのではないかな。と。勝手に思ってます。

否定的な意見を述べる事を非難しているわけではなく、
「否定してる人にも否定している人の理由がある」そこから目を背けてはいけない部分ですし、
実際親睦会だフラスタだなんだ色々やらせて頂きましたが、
そういった行為を否定する方々がいらっしゃるのも良く解ります。
形作られて言ったグループだったりって言うのは、身内ノリが進んで新規参入の妨げになる可能性もありますし。

ただ色々と抱え込んでて思うのは、
作品のライブ、コンサートだったり、作品の感想なりを述べる場って言うのはもっと身近であるべき。
その中で生まれた賞賛の声だったりこそが俗に言う「口コミ」に繋がって行く物でもあると思います。

またそういう場所を作ったり参加させて頂いて思うけど、
「人を育てるのは人」なのかなーと。何当たり前の事言ってんだとか思うと思いますが、
改めて痛感させられる事が非常に多い。


「どこの馬の骨かも解らん人間が企画した開催記念の催し物」
を一緒に作り上げてくれた人達へはいつも思うけどお礼の言葉しか出てこない。
またそういった中で作品をリスペクトして新しい世界を作る人達には敬意の念しか出てこない。
解り易い人間だと思います。そういった熱がある場所が非常に大好き。

作品を通じてMixiでも繋がりができた方の2月の時の感想の中に、
「広義な意味での同人」と僕の活動を賞賛してくれた方がいたんですが、それが最高に嬉しかった。
創作に関しては私は特別な事もほとんどできない中で、
そういった一歩間違えば危うい活動をそういった言葉で纏めて頂けた事はずっと覚えてると思います。

またそんな活動に関して公式で支援して頂いた事。
そういった活動で起きるデメリットな部分も見えているにもかかわらず、
記念品まで作って頂いた事に関しては言葉になりませんでした。

card

改めて見直すと頂いてる言葉が本当に重い。
色々不安な部分も毎度多いんですが、そんな気持ちを肯定して頂けたようで。

頂いた恩や思いをお返ししたいと共に、
色んな思いを経て私という人間を育ててくれる作品に対しての最大の御祝と御礼を、
その中で出来た縁と思いの丈を何とか形にして、今回も届けられればなと。

良くお会いする皆様にはまたご迷惑お掛けしますが、また皆で形にしてお返ししたいですね。


纏まらない内容ですが、優柔不断な僕らしいという事で。それではまた。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://me1chior.blog109.fc2.com/tb.php/20-9d7605df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。